幸せオーラのつくり方 vol.12

メイクで大人のしあわせ品格キレイを叶える とよだ しほです。

大人のしあわせ品格キレイをテーマに幸せオーラをつくるお話を続けています。

お顔だけじゃない!しあわせ感

 「メイクで大人のしあわせ品格キレイ」をご提案しておりますトヨダですが、大人の品格は、お顔だけではなくそこここから漂わせないと!です。

 そうです、冬場になるととても気になる「手荒れ」。手荒れしていたり爪が割れたりしていると、印象がだいぶ貧相になってしまいます。
ネイルがわたしたちの生活に溶け込んだのは、手や爪は普段自分の目に入りやすくてそこがキレイだと自分が「ちゃんとキレイを気遣っている」と認識できるから。つまり、自己満足です。


実は前職のお勤め中、大変な状況になってしまったかたがいらっしゃいました。
それでお話を伺っていた時に思わず手を取ってしまったことがありました。

今でもその感触を覚えているのですが、手のひらが「ザラザラ」だったんです。
衝撃を受けました。本当にいま大変な状況なんだ…と。

いろいろ大変だと本当に自分のことなんて構っていられないんです。

手のお手入れ自体はみんな実行している

 日本ではハンドクリームがものすごく普及していますよね!それはやはり美意識の高い国民性でしょう。また、ハンドクリームの香りに癒される方も多いと思います。



わたしはというと、ハンドクリームは10年以上使っていません。前職が教員でしたから、その時につかっていたのだけど途中から使わなくなりました。


もともと

・オイリー肌だったこともあり「べたべた」がキライ
・人工的な香りが苦手(柔軟剤ブームの時には苦労しました)
だったのでハンドクリームも「薬用」的なものを使っていました。冬になるとどうしても手が荒れてとくに利き手の親指がひび割れてきてしまうんです。

 記憶がある限りでは10年は確実にハンドクリームを使っていません。(ときどきいただいたりしてどんなもんかなーと試してみるけれど、続かない・・・)
でも、代わりになにか塗らないと手荒れがひどい!という事態にもなっていません。

 

そのワケは
・肌につける化粧水を、朝晩肌につける前に少し手に付けている(15年間愛用している信頼性の高い化粧水です)
・冬場はスクワランオイルを足す



これだけ!

子育てで手を洗ったり水仕事はとても多いですし、まだ一人でしっかり手が洗えない子どもと一緒に手を洗うことも多いですが、これでひび割れたりしていません。

 

 

 

疑っていました

 これはつい1か月前にわたしのハンドクリーム事情を聞いたかたから・・・

「正直、そんなはずないって疑っていました」

ですよね!話を盛る人も珍しくない世の中ですものね。
でも残念ながら、わたしはそんな器用じゃない(笑)
もともとすごく面倒くさがりですし、こだわりも強いので…嘘とかつけない性格です。

 5年来わたしのフェイシャルエステを受けてくださっている方は、

「志保ちゃんの手が本当にふわふわで気持ち良い!」と、喜んでくださっています。

 

嬉しいなあ。
つい1週間前には、ご主人の手の赤みがひいてきた!と、喜んでいただけました。
コロナ時代の今は、手洗い消毒が外では義務だから、手の弱い人は本当大変ですよね。

【まとめ】
しあわせ感は手に出る!本当に良い化粧品は手もキレイになる!!
ご紹介は致しますが押し売りは致しませんので、気になる方はお問い合わせください。
手荒れはストレスのひとつ。一緒にそのストレスから脱出していきましょう!

まずはここから!おすすめの催し



<無料>
願望実現メイク講座
キレイモチベーションアップ編
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/6716
自分のキレイの見つけ方、自分の個性をメイクで表現する方法
最近、メイクが億劫になってきた方、
年齢が上がった方で今までのメイクに違和感を感じる方

別日希望の方はその他お問合せはこちら↓

 

The following two tabs change content below.
東京都江戸川区在住。「大人の幸せオーラを引き出すキレイづくり」をテーマに、フリーランスで働くアラフォー。幼稚園教諭からアルソア化粧品カウンセラーへ転身。10年パーソナルスキンケア・メイク・健康に関するアドバイスを精力的に行う。結婚後、9年越しに授かった2歳差姉弟の育児に奮闘するママでもある。

関連記事

  1. いわゆる「美人」の時代は終わり?

  2. 願望実現メイク講座 ビフォーアフターとご感想

  3. 幸せオーラのつくり方 vol.4

  4. 幸せオーラのつくり方 vol.9

  5. 幸せオーラのつくり方 vol.7

  6. その乾燥肌、本当に乾燥肌?