そもそもメイクにたどり着かない

\ 周りと差のつく健康美肌 / とよだ しほです。

女性はやることたくさん!

とくに出産後は自分に本当にかまえなくなりますよね。
なにかやろうとすると赤ちゃんに泣かれたり
子どもに「トイレー!」と言われたり。
寝ても覚めても起きた瞬間から自分以外のためにやることたくさん!なのは
ママあるある。。

うちも3歳・もうすぐ1歳の2歳差の子どもたちの
絶賛育児中ですので、1日のうちで自分がやりたいことの
1・2個できれば御の字

という日々。

実際「やらなきゃいけないこと」が増える子育て中。
わたしは夫と自分だけの時間が長かったので
生活がガラリと変わりました。

とくに2人目の産後はカラダも1人目の時より
回復が遅く、妊娠中の体重増加で見た目が変わってしまい
また、コロナの自粛期間は小さな子どもたちを
あまり安易に外に連れていけなくてお家にいる時間が増えました。

わたしは通常、かなりアクティブな人間で
楽しそうなところにはどんどん行きたいし
誘われて予定が被らなければ大体出かけていました。

それが逆転の生活でなんと仕事柄ありえないことですが
メイクをしないで過ごす日々が本当に増えてしまいました。

でも、もともとアクティブでなくても
子どもが小さいうちはやはり行動範囲が狭まるし
リアルに会うひとも限られてくる

そうすると自分のことはどこかで諦めてしまう女性
いるんですよね。
どうせ人に会っても見られてないとか
やってもやらなくても変わらないとか
思って、自分に手をまわさなくなっちゃうんです。
まさにわたしは今回そういった状況になり

オンライン化を進めていく中でzoom中に
パソコンに映る自分の顔に嫌気がさしていたわけです。

それでも、子どもが寝なければ自分の時間はなく
子どもが寝れば自分も寝たり
家事を片付けたり好きなことをしたかったり。

どんどんおばさん化の負のループにはまっていったんです。
こわー

自分をきれいにするきっかけをつくる

ある日、鏡や自分の写った写真をみて
ハッとしたとか
仕事に復帰するときにとか

産後の女性が「自分のお手入れをしよう!」と、思えるきっかけはヒトそれぞれ。

中にはもうバリバリ仕事に復帰して
コロナ中にダブルワークを決意し
頑張って「選んでもらう」自分のため
もっと魅力的になりたい!という人もいらっしゃいます。

例えば講座を提供する講座業、
同じ内容で同じ価格帯の講座だったら
ヒトの選ぶ基準は何でしょう?
大体みなさんネットで選ばれる時代ですから
口コミや経歴・経験もあるでしょうが

わたしだったら「魅力的な人」「いきいきしていそう人」

「感じが良さそうな人」に、教えてもらいたい!

メイクはそれを叶えてくれるツールです。

でも、女性は自分にけっこう構えない。
構おうと思ってもなかなかそれが実現できないという
現実がある。

その殻を一緒に破るのがこちら!!↓
ぜひ一緒にキレイのモチベーションをアップしましょう!
おばさん化すとっぷ!!!
文末に一部ご感想を載せています。

まずはここから!おすすめの催し



<無料>
願望実現メイク講座
キレイモチベーションアップ編
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/6716
自分のキレイの見つけ方、自分の個性をメイクで表現する方法
最近、メイクが億劫になってきた方、
年齢が上がった方で今までのメイクに違和感を感じる方

別日希望の方はその他お問合せはこちら↓

ご感想ここから
・おしゃべりもできて楽しかったのに、いろいろ勉強もできてとっても充実した時間でした!さすが聞き上手!っと学びも多かったです。
・自分のことが後回しになっている人ほど聞いてほしい!わたしはしほさんに変えてもらいました!
・しほさんがとてもお話ししやすく、内容もとてもわかりやすく、楽しく受講できました。
女性にとっては、肌のこと、メイクのことは、一生付き合っていくことなので、とても勉強になったと同時にとても記憶に残る内容でした。
自分の生活や普段の表情、家族への接し方も見直すきっかけにもなりました。
ここまで

 

 

 

The following two tabs change content below.
東京都江戸川区在住。「大人の幸せオーラを引き出すキレイづくり」をテーマに、フリーランスで働くアラフォー。幼稚園教諭からアルソア化粧品カウンセラーへ転身。10年パーソナルスキンケア・メイク・健康に関するアドバイスを精力的に行う。結婚後、9年越しに授かった2歳差姉弟の育児に奮闘するママでもある。

関連記事

  1. 幸せオーラのつくり方 vol.27 クレイパックの役割

  2. 幸せオーラのつくり方 vol.18 ファスティング経過②

  3. 満月の日からデトックス

  4. 若い時と同じメイクじゃだめ!

  5. いわゆる「美人」の時代は終わり?

  6. 新日焼け止め下地使ってみました