メイクで叶える幸せオーラのつくり方 とよだ しほです。

 

メイクでこんなに変わる


これはわたしのお顔のバランスを意識したメイクと、そうでないメイク。こんなに印象が変わるんです。



【わたしの場合】
若い時は卵型だった顔の形が加齢とともに「頬がこけて」面長に見えてきました。
頬骨は変わらず、その下の肉がそげてくるので年齢を重ねると「こけて」見えてくる人が多いです。

わたしはもともと「曲線」「丸み」が目立つ顔立ちなので、メイクでバランスを整えて小顔効果をアップさせています!

 

例えば眉をクローズアップ

わたしの眉はかなりのあがり眉。眉の終わりをしっかり決めて「眉尻」を描いてあげないと横顔が貧相に見えます。さらにキツく見えたり怒って見られてしまうことも多い。顔の凹凸ものっぺりから顔立ちはっきりに!!

 

唇は、色をのせれば大丈夫と思っているひと多数。でも見て!!こんなに違うんです。向かって右半分のくちびるがキュッとシャープになっていますが(おそらく噛み癖がある) ふっくら上下のバランスが良くなっているのがわかると思います。

 

 

ただ単に「メイクした」のと「お顔のパーツの配置や形、バランスを知ってしたメイク」でこんなに変わるんです!

 

40(歳)過ぎたら自分の顔に責任を持つ

 わたしは13年、スキンケア・メイク・健康を幅広い世代にお伝えしてきた経験があります。その経験の中で気が付いたことの一つに、その人のSOSサインが1番出るのが「顔のバランス」だということです。
みなさまもよくご存じ、政治家の麻生氏。彼の特徴と言えば口元ですね。本当は、ご本人の努力次第でもっと目立たなくできたんです。(もうご高齢なので難しいと思います…残念。)

「性格は顔に出る」と言うように、その人の生き方や思い・現状は顔に出ます。
わたしも産後よく、「本当に優しい顔になったね」と言われますが、環境や生活・心理状態は、確実に顔に出るのだなとそのお言葉をいただくたびに実感します(笑)

 

パーツメイクを卒業しよう

「まつげ長いね」「ほんときれいな二重だよね」「鼻が高くてうらやましい!」…そんなこと言われてみたい!と、憧れを持ったことはありませんか?

今のアラフォー・アラフィフ世代に多い「パーツメイクを頑張る」メイク法。

・目力アップのためにつけまつ毛びょーん
・アイメイク「だけ」ばっちり!
・アイライン、今日はキレイに引けたわーと達成感を感じる
・眉の「形」が異様にキレイ、
・シミやクマを徹底的に隠す…

こうして部分的なキレイさだけ追及したメイクをしている人が多数!これは日本人特有の、細かい部分の精度を上げていくという性質がよくあらわれたこと。
でも、眉や目など、どこかを至近距離でみられることってソーシャルディスタンスな今、ありますか?ソーシャルディスタンスでなくても、ヒトと会うときに息がかかるほどの距離で相対することがどれくらいあるでしょうか。それよりもヒトは全体のバランスの印象で判断しているのですよ!

 

大事なのはあなたの魅力とバランス

 メイクはどこかを際立たせるものと思っている人も多数。それも間違っていませんが、でも、自分のどこを本当に際立たせたら良いかを知っていますか?また、その理由は?

 実は、メイクやスキンケアなど大人の女性が毎日必須とすることを学ぶ場がほとんどないのが現状。少なくとも自動的に学ぶ場はないですよね。スキンケアなんかは、「肌の健康を保つ為」という目的もあるので義務教育に入れてほしいとわたしは思っていたりします。

 さて、メイクやスキンケアを学ぶ方法は、自分で探していくものというのが残念ながら現状です。雑誌や、近頃はSNSや動画などで簡単に学べるような気もしますが、あくまで手に入るのは手順やテクニック。
 アラフォー・アラフィフのキレイに必要なのは、唯一無二のあなたの良さを引き出すメイクとそれをいかに印象づけるかです。

 冒頭のように、「まつげ長いね」「ほんときれいな二重だよね」など部分で褒められたことがあると、なおさら張り切ってしまうのが人間のサガ。でも実際ヒトは、全体の印象でその人を判断しています。だから目指すは「パッと見美人!」

 

「もう歳だからメイクなんてしてもね」じゃない!「いい歳なんだからメイクぐらいちゃんとできるようになろう」

 よく「もう歳だからメイクなんてしてもね…」とあきらめている人たちがいます。この「…」の部分はひとによっても違うでしょうが、「そんなに変わるわけでもないし」とか「こんなおばさんみんな見てないわよ」ってところでしょうか。こういう考えのある方たちはそもそもメイクについて間違った印象を持っていることが多いです。

みなさんにとってメイクってどんなものですか?
・肌のアラを隠す方法
・見られるようにしなければと、頑張ってするもの
・ちゃんとしなければならないときにする特別なもの
・派手に見えてしまうから嫌い
・自分に合うものがわからなくてなんとなく若い時と同じ方法になっていたり、あきらめているもの

40代前くらいから大体みなさん迷子になってしまいます。

かくいう私も第2子を出産後はひどいものでした。下の子は夜泣きがひどい子だったので常に寝不足で自分に構えない日々。すっぴんで過ごすことがとても増えました。


服も適当、この写真はかろうじてメイクしていますが、適当にしてしまっているので最初の写真と比べてもらうと違いが判ると思います。

オトナのメイクに必要なもの

 自分が20代の時のメイクを今でもしている人はいますか?そんな、してるわけないよーという方、では最後にメイクを習ったのはいつですか? 多くの方が20代早々で化粧品カウンターデビュー→結婚・出産→子育ての傍ら社会復帰という流れだと思います。
年齢があがったり産後にシミが増えて気になりスキンケアを見直すくらいはしても、なかなかメイクまではたどり着かない人が多いんです。

自分を構える時間が減ったときや、子育てをしていたりすると「自分らしく」・「自然体」というワードが目に付くようになるようです。でも何もしないことが自然体のナチュラルビューティーを叶えられるわけではありません。

・自分がどんな良いところを持っているか?
・逆に改善したいところはどこか?
・これからどうなりたいか?

まさにキレイの3ステップで、大人の幸せ品格キレイを叶えていきましょうね!!

 

しあわせ顔バランス診断料

個人のお顔の診断なのでマンツーマンの会になります。
(お申し込み後、オンライン講座開催前までにお写真をお送りいただきます)

60分 5500円
オンライン講座
夜や週末開催も可能ですのでお気軽にリクエストしてください。

お申し込み後の流れ
①お写真を送りいただく
②お顔のパーツのバランスや形・輪郭などを診断
③オンラインで診断結果のお伝えと、ご自身で感じていらっしゃる今のお悩みをカウンセリングさせていただきます。
④ご希望の方はこの講座の後にパーソナルメイク講座をご受講いただけます。
詳細は、しあわせ顔バランス診断時にご案内いたします。

【しあわせ顔バランス講座を受講された方のご感想】

板橋区 K.O様
事前に送った写真がどうなるのだろうと思っていたのですが、自分の顔がめちゃくちゃ分析されていてすごいと思いました!

 自分の顔の嫌いな部分、逆に好きな部分の話は、改めてこんなこと人に言ったりしないので、自分でも色んな気づきがありました。
改めて、私はメイクに苦手意識を持っているんだなと実感しました。
本当に私に合わせたメイク指導をする為に色々聞いてくださるので、まさか眉カットから教えてくださるなんて思いませんでした。

大人になって今更聞けない基礎の基礎から安心して「分からない」と言えるので、
メイクで怒られたり笑われたりした経験のある方には特におすすめです!

三重県 【S・T様】
楽しかったです!自分の顔なんてまじまじ見ないので。「ふむふむ!」と思いながらお勉強しました。


お申込・お問い合わせはこちら▼

 

The following two tabs change content below.
東京都江戸川区在住。「大人の幸せオーラを引き出すキレイづくり」をテーマに、フリーランスで働くアラフォー。幼稚園教諭からアルソア化粧品カウンセラーへ転身。10年パーソナルスキンケア・メイク・健康に関するアドバイスを精力的に行う。結婚後、9年越しに授かった2歳差姉弟の育児に奮闘するママでもある。

最新記事 by とよだ しほ (全て見る)