メイクのお悩み【親がメイクしない人だったので誰に聞いていいか分からなかった】

美と健康のパーソナルトレーナー 結果が出るまで丁寧にに寄り添う とよだ しほです。

願望実現メイク無料版 キレイモチベーションアップ編の開催でした。
講座は1名様から開催しています。

 

メイクのお悩みって人前でなかなか言いにくい方もいると思いますので、
お一人さまから開催しています♪

次回開催等、詳細はこちらからご覧ください▼
https://resast.jp/page/consecutive_events/6716

 

 

誰に聞いていいかわからない!

メイクに興味が出てくる年齢って大体、
「まだそんなことしなくていい!」と言われるくらいの年齢なので、
雑誌等を見て見様見真似することから始まる人が多いです。

 

その後、就職したり結婚するときなど人生の大きな節目で「ちゃんとお化粧がしたい」と思う人多数。
でも、実はこのタイミングでちゃんと誰かに「ちゃんとしたメイク」をきけた人って圧倒的に少ないんです。

一体誰に聞いたらいいの?
こんなこと今さら聞いてもいいのだろうか??

悶々としているうちに時間ばかりが風のように去っていく。
気が付いたらこんな年齢になってしまった!なんて人も多数。(30代、40代、50代のかたも。)

 

化粧品=デパートのコスメカウンターと言うイメージの人も多いです。


デパートのコスメカウンターは、あくまで化粧品を試せるところで、メイクを教えてくれるところではありません。

化粧品を「買いたいな」と思っている人向けにお試しできるスペースを設けているんです。

だからカウンターでメイクをしてもらっても、「これらを使ったらこんな風になりますよ!」という意味。
自分が帰っていざそのメイクを再現できるか?と言ったらそれは不可能な人が多いです。

 

だってそのメイク用品……例えば、「アイシャドウの塗り方」や「塗る順番」「マスカラのつけ方」は教えてくれても、
あなた個人へのオーダーメイドで使い方を教えてれているわけではありません。

 

さらに、デパートのコスメカウンターのお姉さまたちは美しい!かわいい!!
行くだけで気後れしてしまうのはわたしだけ?
なるべくあのコーナーを避けるように歩いてしまう……。のは、わたしだけ?

意外と肝心な聞きたいことを聞けなかったり、
遠慮してしまったり、
押しに負けて色々買うことになってしまったり……。

 

はっきり断れる方は良いですが、カウンターできれいなお姉さんに説明されてしまうと
なんだかそれがものすごくいい気がしてきちゃったりもして!?

 

でもいざ、購入して次の朝メイクをしようと思っても、
(例えばファンデーションの場合▼)
・わたしにとってこのファンデーションはこの量で良いの?
・どこからつけてたっけ?
・全部均一に塗らなきゃだめ?
・目の周りも塗るの?
・顔全体ってどこまで塗ればいいの?

等と、やればやるほど疑問が出てきてしまう。

でも、またデパートのコスメカウンターに行く気にはなかなかなれません。

 

あの人のメイク素敵!と思って真似してみても思った通りにならない現実

女優さんやタレントさん、街で見かけた素敵な美しい方、可愛いお友だち、おしゃれな方のメイクを

「あ、ステキ!」と思って
「こんな感じかな?」と、真似してみても同じようにはならなかった経験はありませんか?

 

好きな女優さんや憧れの有名人の切り抜きや写メを持って行って
「この髪型にしてください!」とばっちりお願いしたはずなのに全然違う!!

当たり前です。
なぜなら、
・髪質
・毛量
・髪の癖
・頭の形
・髪の毛の生え方など、

もともと持っているものが違うから。

メイクも同じです。

「全く同じ顔の人」って、一卵性双生児でもない限りいません。
一卵性双生児だって、お顔を動かす筋肉や表情の癖、性格等で微妙な違いがあるはずなんです。

だから、人のをまねしても同じにはなりません。

 

アラフォー・アラフィフメイク、流行はほどほどに

アラフォー・アラフィフになったら、メイクに流行を求めるのはもうイタイです。(ごめんなさい、言い切っちゃいます!)

 

それよりも、「老けた?」「疲れてる?」「メイク濃いな~」などマイナスなことを人から思われないように、
いつまでも自然に見られるようにいることが大事。

もちろん、お仕事やTPOでメイクに変化を付けることも大事ですが、全ては「自分の顔に合っているか?」です。

・若作り
・厚塗り

この2点はアラフォー・アラフィフメイクで避けたい点。

数年前の写真と比べて赤垢抜けていっていることが大事なんです!

 

例えばこんな風に!向かって右が最近。
年齢は重ねても右側の方があか抜けている!

1番左は若いけれど時代を感じますよね。
(写真お借りしました)

単に若く見せたり着飾る為にするのがメイクではありません。

 

頑張らなくていい!

講座の中では、「お肌の健康を守るために」すっぴんでいない方が良い。というような豆知識も折り込んでいます。

 

今回もそこに共感してくださった参加者さまは、「頑張ります……頑張らなきゃ!」と、言ってくださったのですが、

 

急にそんな、ご自身だけで頑張らなくて大丈夫です!

 

自分に合ったメイクや、基本的なメイクの知識を身に着けていただくことで自然とメイクすることが楽しくなっていきます

 

>今ではただ息子と公園に行くだけでもちゃんとメイクしちゃったりしてます!

 

そんな卒業生さんもいらっしゃいますよ(^^♪

まずはここから!おすすめの催し



無理なく無駄なく!
飾りすぎない私らしさと出会える
<今年は無料!>
願望実現メイク講座
キレイモチベーションアップ編
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/6716
自分のキレイの見つけ方、自分の個性をメイクで表現する方法
最近、メイクが億劫になってきた方、
年齢が上がった方で今までのメイクに違和感を感じる方

別日希望の方はその他お問合せはこちら↓

 

 

 

The following two tabs change content below.
東京都江戸川区在住。「大人の幸せオーラを引き出すキレイづくり」をテーマに、フリーランスで働くアラフォー。幼稚園教諭からアルソア化粧品カウンセラーへ転身。10年パーソナルスキンケア・メイク・健康に関するアドバイスを精力的に行う。結婚後、9年越しに授かった2歳差姉弟の育児に奮闘するママでもある。

関連記事

  1. メイク付きプロフィール撮影会やります!

  2. 幸せオーラのつくり方 vol.11

  3. 美肌は健康肌という意味

  4. メイク付き さくら撮影会やってきました!

  5. 自分のお顔、好き?~願望実現メイク講座ができた背景~

  6. ファスティング後記②