旦那が酵素とファスティングで変わった!

美と健康のパーソナルトレーナー 結果が出るまで丁寧にに寄り添う とよだ しほです。

 

ご主人の健康を心配して、夫婦でファスティングをしてみたいとおっしゃる人が増えました。
前回の記事はコチラです▼

https://stkenbi.com/fasting-5/

 

酵素を飲んで変わったこと

ウチの主人が「酵素」を飲み始めて変わったこと

▼本人が自覚している変化▼

・ひょろひょろだった身体ががっちりした
・頭痛が減った
・体調全体が良い
・便がスルッと出る

昔は後ろから蹴ったら倒れちゃいそうな……ジャニーズの子たちみたいなひょろっと男子だったんです
(蹴るの!?というツッコミは置いといてw)

今はけっこうがっちりして、頼れる感じ♪

 

 

男の人に多いあの病気の原因を回避!

・便がスルッと出る

という部分については女性でも求める方が多い部分ですよね。

スルッと出ない人はそれだけで肛門に傷をつけてしまうだけでなく
お手洗いにこもる時間が長いということになるので、そういった人ほど肛門への刺激が多くなります。

お腹が下る人は下痢に含まれるアルカリ性の腸液が炎症の原因になったりするのです。

だからおトイレに時間がかかる人ほど痔になりやすいのです。

 

痔の原因は他にもありますが、この「スルッと出るようになる」というのは痔を回避するためでもとても大事なポイント。

便秘や、スルッと出ないことが万病の元になり得るということがわかります。

 

 

さて、話は酵素でかわった主人に戻ります。

 

結婚した頃はなんとなくいつも調子が悪そうで覇気がなく、
なにかというと頭痛を訴えていた主人ですが、その頻度がかなり減りました。

 

わたしの顧客様には、夫婦で酵素を飲まれている方が多いのですが
とあるひと組のご夫婦がウチに遊びにきてくれたときに

「酵素、良いよね」
「体の調子が違うんですよね」

と、男性で体験談を話している姿が!!

 

それだけ実感されているのだなと嬉しくなりました♪

 

 

きっかけさえあれば

うちの主人のように肉食で、20代の前半はコンビニ食品と外食で暮らしていたような人も、健康意識はわたしと一緒にいることで上がってきています。

 

 

女性は「ダイエット」を常日頃から意識する習性や、家庭の料理を担う人が多いので
健康食や、なるべく「太らない食事」をすることに敏感です。

 

でも、男性って「データ」「数値」「結果」に重きを置く人が多い。
これは、会社や仕事を頑張ってきた証拠なので責められません。

 

だけど、一緒に暮らす奥さん側としては、健康を害されてからでは遅い!困る!わけじゃないですか。

しかし急に健康食にシフトしても、男性側は外で食べて来るようになっちゃいます。

だから1日1彩から始めたり、
うちの場合のように主人に選ばせたり、
「○○させる」よりは自主的に取り組める環境や選択をさせてあげるのがやっぱり継続もしやすいです。

……なんだか子育てみたいですね(笑)
結局、人を変えたかったらまず自分ということをここでも実感しました!
とくに家庭内における女性の影響力はとても大きいものですからね。

 

手のひらや足の裏のほくろ

「手のひらや足の裏にほくろがあるとガンになりやすい」
20代、新婚だった当時にそんなことを聞いて、わたしは主人の足の裏にほくろを発見して「どうしよう!!」と、焦りました。

今では笑い話にできるくらいですが、なぜそういうことに自分が反応していたか今ではよくわかります。

とにかく、主人の食が悪かったから。

 

わたしが健康的な料理を作っても手を付けなかったり、目の前でドバドバ調味料をかけたりするから……

いくら痩せていてもこの人絶対病気になっちゃう!!と、そんな姿を前に心配が消えなかったんですよね。

だから「手のひらや足の裏にほくろがあるとガンになりやすい」という迷信にも敏感に反応して心配しちゃうんです。

もちろん、迷信はあながちバカにもできないけれど、

 

結局、普段の生活での心配やリスクが減れば「そんなこともあるんだな~」というくらいで済んだはずなんです。

今でも肉食の主人ですが(笑)

酵素を毎日飲んで、副菜等の野菜もずいぶん食べるようになったので20代より元気なのはそういうことなんだな!と思っています。
逆に私が手を抜き野菜が減るとしんどそうにしていますから……

食で人って本当に変わるんだな!と実感しています♪

 

 

まずはここから!おすすめの催し



無理なく無駄なく!
飾りすぎない私らしさと出会える
<今年は無料!>
願望実現メイク講座
キレイモチベーションアップ編
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/6716
自分のキレイの見つけ方、自分の個性をメイクで表現する方法
最近、メイクが億劫になってきた方、
年齢が上がった方で今までのメイクに違和感を感じる方

別日希望の方はその他お問合せはこちら↓

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
東京都江戸川区在住。「大人の幸せオーラを引き出すキレイづくり」をテーマに、フリーランスで働くアラフォー。幼稚園教諭からアルソア化粧品カウンセラーへ転身。10年パーソナルスキンケア・メイク・健康に関するアドバイスを精力的に行う。結婚後、9年越しに授かった2歳差姉弟の育児に奮闘するママでもある。

関連記事

  1. 【ご感想】シミをつくらない日焼止め下地のこと

  2. キレイチャレンジ継続中!

  3. キレイモチベーションをアップする方法

  4. 前向きでいられるようになりました!

  5. 朝活は、子どもに優しい母親になれる!?

  6. ファスティング後記②