子どものメイクで気を付けること

\ 周りと差のつく健康美肌 / とよだ しほです。

子どものメイクをするとき、考えてますか?

昨今では、写真のためなら乳幼児にもメイクする時代。
写真や動画撮影が身近になった分、やはりビジュアルの追及
どんどん突き進んでいっています。

また、日本では四季折々や子どもの成長を祝う行事が多いですよね。

うちも娘が3歳のお祝いで着物を着ました。

 

自宅サロンでメイクされるお客様を見て育った娘にとって
メイクはとても身近なもの。

普段からよくやりたがります。
今回もノリノリでした。笑


でも、そんな環境になくても
女の子は必ずと言っていいほど

お母さんのメイク用品やら
スキンケア用品をいじってしまいますよね。

 

そんな子どもの姿を目にしたときはもう!
「やめてーーー!」と、言いながらも
やはりカワイイと思ってしまいます・・・

お母さんという生き物がすっぴんな理由

単純にメイクをする暇がないということもありますが
お子さんはとかくママにくっついてくるもの。
頬ずりしたり、時にはチューしてくれちゃったり!!

そんな子どもの安全を考えて
子育て中はお化粧を控える人もいるんですよね。

でもね、
もったいない!!

わたしたちはあとひと花もふた花も咲かせられるんです。

さらに言うとわたしたちは子どもたち優先で
自分がいつも万全とは限りません。

だからメイクで自分に元気スイッチを入れる!
顔色よくする!!

子どもは本当にママの姿をよく見ています。

メイクは女性の身だしなみ。
お子さんに背中で教えてあげましょうね。

子どものメイクで気を付けるのは

お子さんのメイク、今では当然になりましたよね。
いろんなキャラクターやメーカーのものが
「子ども用」として売られています。

その中にどれだけ「子どもの肌」を考えて
つくってくれているものが
あるのでしょう?

子どもの肌はデリケートなんです。
あのすべすべ素肌を傷つけることは
いとも簡単にできてしまいます。

 

その辺が肌にコンプレックスが山のようにあって
うつむく10~20代を過ごした私的には気になっちゃう!!

七五三のような特別なときから
ちょっとママの真似してお出かけしたいときまで

「これならいいよ」と、言ってあげられるものがあると
親子で楽しめますよ♪

まずはここから!おすすめの催し



無理なく無駄なく!
飾りすぎない私らしさと出会える
<今年は無料!>
願望実現メイク講座
キレイモチベーションアップ編
https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/6716
自分のキレイの見つけ方、自分の個性をメイクで表現する方法
最近、メイクが億劫になってきた方、
年齢が上がった方で今までのメイクに違和感を感じる方

別日希望の方はその他お問合せはこちら↓

 

 

とよだ しほ

 

The following two tabs change content below.
東京都江戸川区在住。「大人の幸せオーラを引き出すキレイづくり」をテーマに、フリーランスで働くアラフォー。幼稚園教諭からアルソア化粧品カウンセラーへ転身。10年パーソナルスキンケア・メイク・健康に関するアドバイスを精力的に行う。結婚後、9年越しに授かった2歳差姉弟の育児に奮闘するママでもある。

関連記事

  1. わたしも個性と魅力を磨き中です

  2. ファスティング後記②

  3. ファスティング・メイク・スキンケアと3つの講座をする理由

  4. メイクを整えたらじゃんじゃん上手くいくように……!

  5. メイクの概念を変えたい!願望実現メイク講座、開催しました♪

  6. そもそもメイクにたどり着かない